~ 美食家の秘密 ~

HACHINIGHT-w.png
01.jpg

とある町外れのレストラン。


そこではネズミのようなウサギのような風貌の男が

夜な夜な晩餐会を開いては

お客様に素敵なフルコースを振る舞っていました。

006.png

7月30日

この日も晩餐会を行う予定です。
ネズミのようなウサギのようなこの男は考えました。
「魚とお肉のフルコースを食べてもらいたい」
「何かいい食材はないだろうか?」

03.png

そんな彼には誰にも言えない趣味がありました。
彼の秘密の趣味。
それは普通では食べないような物で美味しい料理を作ること。
脳みそのポタージュ、人肉のハンバーグ、目玉のゼリーなどなど。

03.jpg

「何か良い食材はないかな?魚とお肉の料理を作るつもりなんだ」
彼はいつも使っている食材店に電話をかけてたずねました。
「それならちょうどいいのがありますよ」
食材店の店主は答えました。
「ふむふむ、おお、それは良い!じゃあそれをいただこう」

005.png

次の日、お店に食材が届きました。
届いたのはなんと美しい人魚。
「素晴らしい。これならお魚調理もお肉料理も出せるぞ、お客さまが満足する晩餐会ができそうだ」
涙を流す人魚たちを見ながら彼は笑いながら言いました。

0004.png

お店に戻った彼は早速調理を始めます。
ウロコを落として、目玉をくり抜いて、お腹を裂きはらわたを抜いて…
人魚たちの悲鳴とすすり泣く音とともに彼は美味しそうな料理をどんどん作ります。

009.png

そして待ちに待った晩餐会当日。
今日もお店は大盛況です。
「生きのいい食材が入ったので。きっとお気に召しますよ。どうぞ召し上がれ」
お客さまは美味しそうにフルコースを食べました。

0011.png

あれ?皆んなは人魚ってこと知ってるんですか?

いいえ、それはここだけの秘密です。

今日もご来店ありがとうございました。

また素敵な食材を仕入れて皆さまのお越しをお待ちしております。

yuki.png
無題---2022年7月18日-16.53.png

『イベント演出・構成』

Yuki & Uri

『イベント総合演出・絵』

Takuya

『宣伝ムービー・サイト制作』

Shogo

『料理長』

F umihisa

『イベント総合責任者』

M ayumi

スペシャルサンクス

Tsubasa& Miki & Sachie & Eri